うまも(男)の記

はじめての産後~初産、1週間の入院生活~

うまも(男)の記
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

すぐに始まる、母子同室

これは、病院によって様々なのですが…

私の入院していた病院は、とりあえず出産した当日から母子同室です。
私の場合、朝一で出産(午前8時ぐらい)だったので、日中は眠らせてもらえました。
しかし、その日の夕方には赤ちゃん登場!!ばばーん!!って感じでした…。

【母子同室】
出産後(初産だと約1週間の入院中)に、お母さんと赤ちゃんが同じ部屋で過ごすことを言います 。
赤ちゃんにいち早く慣れて、退院後円滑に育児が出来るようにするための予行演習みたいなものです。
この入院中に、不安な事やわからないことがあったら、看護師さんに相談したりできます。
確かに、突然家に帰ってからのスタートでは慌てふためきますよね。
そして、大事なのは母乳育児。できるだけお母さんのお乳を与えることが望ましいそうですので、この入院期間中に(特に初産の方は)母乳がスムーズに出るように&授乳が出来るように訓練(?)をします。

私が入院していた病院では、「個室」を指定できなくて、主に2人部屋が基本でした。
妊婦さんはいつ出産・入院になるかわからないので、個室は産後重症の方を優先らしく、問題なく産んだ人は2人部屋に放り込まれます。
ただし、2人部屋と言っても、産後すぐはできる限り一人で部屋を使用できるように配慮されています。
できるだけ2人部屋に1人→入院数が増えてきたら2人部屋に2人
といった感じでした。

そして、産後当日に赤ちゃんを連れて(コットに入れた状態でコロコロと食事でも運んできたかのようでした…)看護師さんがやってきました。

もうちょっと休ませてよ・・・
人生最大のお仕事の後だぜ?
しかもまだ縫ったとこ、痛いし、出血ひどいし、トイレだってままならない状態だぜ?的な。
決して「わーい!赤ちゃんキターーーーー!!!(歓喜)」ではなかったです…。私は。
本当にまだ十分疲れが取れていなかったので…。

看護師さんに尋ねました。

「あの~・・・きつかったら、どうしたらいいですか?自信ないんですけど・・・」

そういうと、にっこり笑って…

「家に帰ったときの予行演習みたいなものですよ。
そんなことで帰ってからどうするんですか~!頑張ってくださいね。
あ、トイレの時とか、赤ちゃんから離れる時は、新生児室にあずけてくださいね。」
※トイレは歩いて部屋の外までいかなければならなかった…。

と言い、部屋を去っていってしまいました。

まじ?

いきなり、赤ちゃんと二人っきりにされた母子同室の室内・・・。

静寂・・・。

やばい、脈が上がってきた・・・どうしよう・・・

赤ちゃんがとにかく泣く

・・・・

・・・・んぎゃ・・・んぎゃああああああ!!!!

ビクッ!!!!!

何!?

ドックンドックンドックン・・・鼓動がおさまらない。

そっと近づくと、なんか知らないけど泣いている赤ちゃん・・・。
さっきまで、実感のなかった『責任』という言葉が頭をよぎる。

もはや何をどうしたらいいのかわからず、取り合えず慣れない手つきで首の座らない赤ちゃんを抱っこしてみる。首の支え方すらぎこちなく力が入ってしまう・・・。

んぎゃああああああ!!!!

泣き止まない・・・
どうしよう・・・なんで?揺らす?揺らすの見たことある。
でも・・・揺らしすぎは脳が揺れるからダメって聞いたことあるし・・・。
やさしく横に揺らすぐらいなら・・・大丈夫だよね?

ゆら~ゆら~・・・

んぎゃああああああ!!!!

やばい、違った!?
どうしよう・・・・

あ、おむつとかかな!?きっとそうだ!

こちらもまた慣れない手つきでモタモタしながらもなんとかかんとか交換終了。
ちょろっとしか出てかなったけど・・・。
これでどうだ?

んぎゃああああああ!!!!

えええええええええええええ!!!!

違ったみたい・・・。

どうしようどうしよう・・・ほかに何か泣く原因を考えろ、自分!
あっ!!ミルク!?おなかすいてるとか?
でもまだ、私の母乳は出ない・・・。
ミルク、ナースステーションに行ってもらってこなきゃ!

ナースステーションに行くと、
「もう飲むの?」
と言われ・・・しぶしぶくれました。

とりあえず哺乳瓶の乳首を口に突っ込むと・・・・

んぐんぐんぐ・・・

音を立てて飲んでいる!!
そうか、お腹がすいていたのか!!

よかった、とりあえず静かになった・・・。
と思ったのもつかの間・・・
ミルクはすぐに底をつきてしまい、再び・・・

んぎゃああああああ!!!!

えええ!!!どうしよう!!
足りなかったのかな・・・。もうちょっともらってこよう。
再び、ナースステーションへ・・・。

「あの~ミルクが足りなかったみたいで・・・もう少しもらえませんか?」

「・・・。でもねぇ・・・。(多分あげすぎもよくないのかな?)お母さんのお乳くわえさせてみたら?」

え!?出ないのに・・・・?

とりあえず、くわえることで、刺激になって、母乳も出やすくなるんだとか。
赤ちゃんも落ち着くらしい。

くわえさせてみる。

んぎゃああああああ!!!!

怒って突っぱねながら暴れだした・・・・。

やべーよ・・・やべーよ・・・
どうしたらいいんだ。

全ての手を尽くした(つもり)の私は、とにかくひたすら抱っこして、部屋の中をぐるぐる徘徊するしかなかったのでした。

30分ほどが1時間にも2時間にも感じられる、なんとも表現のしがたい時間。

可愛いなんてみじんも思えませんでした。
必死に色々考える・・・抱っこしながら
「何分抱っこしたら寝てくれるの?」
「この部屋何週回ったら寝てくれるの?」
「毎日こんな思いしないといけないの?」
「このままじゃ私ゆっくり寝られない」
「何カ月たったら泣かなくなるの?」
「ミルクあげるんじゃだめなの?」・・・
いろいろ頭を駆け巡りました。

家に帰ってからの不安。
家事はできるだろうか?
この子をかわいいと思える日は来るのだろうか?
虐待しない親になれるのだろうか?

しばらくすると、だんだん抱っこに慣れてきてかすかに横に揺らす事ができるようになりました。

すると・・・・

すぅ・・・

寝てる!!寝てるよ!!!赤ちゃんが寝たーーーーー!!!!

か・・・・かわいい・・・。

はじめて、我が子をかわいいと思えた瞬間でした。

それからは毎日だんだん抱っこが上手にできるようになり、赤ちゃんのサインも全部ではないけど、なんとなくわかるようになってきました。

母乳が出ない!

これについてもぜひ書いておきたい。

初産って、本当に母乳が出ないんです。
中には特に苦労なく、スムーズに出る人もいますが…私はそうではなかった…。

あまりにも出ないので、毎晩助産師さんが部屋にやってきては、ひたすら乳首をつまむ。ひっぱる。絞る。
これが痛いのなんのって…。

私の場合、おっぱい自体が全く張ってもなかったんです。

だから、「本当にこの中に母乳入ってんの!?私、出ないタイプじゃない?」と思っていました。

看護師さんに聞くと

母乳が出ないお母さんなんていません。痛いけど、出るまで辛抱強く頑張って!初乳は大事だから!」

と言われてしまいました…。

来る日も来る日も、毎晩(助産師さんの手が空いているときは日中も)やってきては、乳首をつまむ日々。

そして…痛みに顔を歪ませ、下唇を噛みちぎりそうなぐらい噛んでいた、その時。

出たーーーーーーーーーーーーー!!!

ほんの少しだけど、ジワッと出ました!
これが…これが「初乳」というやつか!!
いやぁ…感動しましたね。頑張れば出るもんなんですね!

その後、何度も頑張っているうちに、少しずつおっぱいも張ってきて、出るようになりました!

【初乳】 出産後すぐ~数日間に分泌される色の濃い母乳で、栄養がぎっしり!新生児に必要な栄養素が豊富に含まれているそうで、この中にいろんな免疫も含まれているそうです。
色は黄色っぽいです。

スポンサーリンク
\この記事が役に立った方は、御シェアを!!/
スポンサーリンク
らるログ